* 横浜かをり *

かながわ風土記 第160号 郷土の歴史・民族・文化を綴る地域文化総合誌

かながわ風土記 第160号 郷土の歴史・民族・文化を綴る地域文化総合誌

神奈川県文化史(5)

横浜山下町七十番地の今昔

―外国人のホテル・商社、日本人の三菱商事、『かをり』商事の経営者群像―

草間俊郎
(県立栄養短大教授)

幕末の、外国人居留地の、七十番地

1861(文久元)年、横浜に造成した外国人居留地に地番が付された。翌年のA・クラークの横浜地図を見ると、その地番は、現在の山下町のそれとほぼ一致している。

ただ、北東は山下公園でなく直接、海に接し、南西は埋め立て中で無番地である(のち、中華街となる)。1番地から107番地までは、130年前と同じ番地という所は、日本の都市では極めて珍らしい。例えば、1番地は今はシルクセンター、昔はジャーディン・マセソン商社である。日本側も居留地人名録を作っている。1862(文久2)年の『横浜ばなし』には「外人にて初めて商館を建築せしは英一番」とある。そのあとに番地と人名があり、七十番地の箇所に「七十番蘭 異人旅籠屋カブタイメン」とある。要するに、居留地七十番地でオランダ人のカブタイメンが旅館をしていたのである。さかのぼって、文久元年の『外人住宅図』をみると、七十番の所に「オランダ五番 ナッショウ住家」とある。当時、オランダ系の住宅は、一番がヘヒト家で、このナッショウ家は五番目で「蘭五番」と称されたのである。では「ナッショウ」とは何か。当時、横浜港に出入りしていたオランダ船である。ところが、その船長はオランダ人「ホフチフル(フフナーゲル)」である。(正しくはHuffnagelでホフナゲルのことであろう)。その「ホフチフル(フフナーゲル)」は人名録では107番地に住んでいるから、七十番には始め「ホフチフル(フフナーゲル)」経営の旅籠屋があったようだ。

そうであるならば、この旅館は、当時の外国人が利用していたはずであり、外国人むけの新聞に広告が出ているべきものだ。『横浜もののはじめ考』は、上海の英字新聞の広告「ヨコハマ・ホテル」を示し、1860(万延元)年、このホテルをホフナゲル(フフナーゲル)が横浜居留地七十番地に創業したと指摘し、これを横浜でのホテルのはじめとする。

1865(元治元)年の『ジャパン・タイムズ』にも「ヨコハマ・ホテル」の広告も、はっきり、それが七十番地にあったことを示す。かくて、これらにより、居留地七十番地は、ホテル発祥の地として記念すべき所なのである。また、当時、来浜した外国人の日記は、このホテル内にバー、玉突きがあったとするので、これらの発祥の地でもある。だが、ホテルは、1867(慶応2)年、横浜の大火事で類焼し、廃業してしまう。

つづく

このページをブックマークして近日書き足しの続きをお待ちください。

Cart
Your cart is currently empty.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。